失敗しないカードローン|返済と金利の基礎

HOME > 記事 > 金利と経済

金利と経済

銀行などお金を貸す側が、さまざななポイントを検討して、「この金利で貸します。」と提案し、借りる側が「その金利で借ります。」と同意して初めてお金の貸し借りの契約が成立することになります。

もし、「その金利では高すぎるから借りない。」と考える人が多ければ、貸す側としても、金利を下げざるをえなくなります。

金利も物の値段と同様に、需要と供給のバランスによって決まります。需要が多い、つまり借りたい人が多ければ金利が上がるわけですが、これは景気が良い時勢のときです。景気がよいときは、物がよく売れるので、企業が積極的に設備投資をするためにお金を借りるからです。

金利はその時々の経済の状況によって変わってくるのです。

Copyright © 2012 失敗しないカードローン|返済と金利の基礎 All rights reserved