失敗しないカードローン|返済と金利の基礎

HOME > 記事 > 返済方法-2

返済方法-2

【リボルビング返済】

極度貸付方式のローンやクレジットで、毎月の最低返済額を定めておく方法です。返済回数は決まっておらず、最低返済額だけを毎月返済することも、1回で全額を返済することもできます。また、定額リボルビングと定率リボルビングの2種類があります。どちらも分割返済と同様、手数料・利息がかかることが多いです。

・定額リボルビング
毎月の最低返済額が-定額のもので、「元金返済額」が一定額の元金定額リボルビングと「元金返済額+利息支払額」が一定額の元利定額リボルビングがあります。

残高スライド方式は、定額リボルビングの-種で、借入残高に応じて毎月の最低返済額が段階的に高くなる方式です。
たとえば、借入残高が10万円未満なら5千円、借入残高が10万円以上なら1万円とするものです。借入残高が一度でも10万円以上になった場合には、その後の返済によって借入残高が10万円未満になっても毎月の最低返済額が1万円に上がったまま下がらない方式を八イバランス方式といいます。

・定率リポルビング
毎月の最低返済額をたとえば借入残高の10%など一定割合の元金と、1ヶ月間の利息とするものです。

Copyright © 2012 失敗しないカードローン|返済と金利の基礎 All rights reserved